OS(Windows)を導入する場合

新しいOS(Windows)を導入する場合に気をつけること

これから法人PCにOSを導入する場合はWindows10を導入することになります。何故なら今法人PCで多く使われているWindows7は延長サポートが2020年に終了が迫っているからです。特定のデバイスが現在使っているOSでないと動かないという状況以外では、現在最新のOSであるWindows10を導入するのは必須ということになりますが、その際に注意が必要です。まずは利用しているデバイスのOS対応状況の確認です。ドライバによっては引き続き利用可能な場合があります。次に利用アプリケーションの把握です。アプリ毎にアップグレードで対応する場合もありますし、データを別のソフトで閲覧可能になる場合があるので様々な状況を想定しましょう。Windows10へのアップグレードの場合ほぼそのままデータを移行できますが、万が一に備えてバックアップをとると安心です。

何故Windows10へ移行するのか

様々なメリットがありますが、一番大きい点は最新のOSを利用することでセキュリティ面の安心が得られることです。脆弱性の対策を定期的に行えるのは法人で使うPCには必須といえます。Windows Helloという指紋認証や顔認証の生態認証機能も装備され更にセキュリティが強固なものになっています。更に、OSの起動時間が大幅に短縮されます。PCの立ち上げにストレスを感じないのは大きな利点です。デュアルディスプレイ環境ではサブモニターにもタスクバーとスタートボタンが表示されるようになり、利用価値が高くなっています。Edgeというメモ機能のついた新ブラウザと、Windows8で廃止されたスタートメニューの復活により直感的な操作が可能になったのも大きな利点です。