OS(マッキントッシュ)を導入する場合

見た目がかっこいいという理由で選ぶと大変なことになる

パソコンはどれも同じと考えている人は少なくないでしょう。実際、10年ぐらい前に発売された中古のパソコンでも昨日購入したばかりの新品のパソコンでも、同じOSをインストールすれば同じソフトを動かすことができます。もちろん、スペックの差によってソフトの起動時間や処理速度が変わってきますが同じことができるのは間違いありません。
ただ、画像の作成や編集を専門に行う会社ではマッキントッシュと呼ばれるパソコンが導入されていることが多く、一般的なオフィスで利用されているパソコンのOSと比べるとだいぶ異なります。OSが違うと利用できるソフトも変わってくるため、マッキントッシュに対応したソフトを利用しなければなりません。しかし、マック専用のソフトはあまり数が多くないため、見た目がかっこいいからという理由だけで導入すると、後々、苦労することになります。

出版やデザインに携わっている会社なら導入しても損はない

では、マッキントッシュのパソコンを導入した方がいい会社というのは存在するのでしょうか。たとえば、雑誌などの編集に携わる会社、あるいは画像の作成や編集を行う会社は導入を検討してもいいでしょう。というのは、もともと誌面の編集や画像作成というジャンルにおいてはマッキントッシュのソフトが強く、出版社やデザイン会社では多く利用されているからです。そういった会社と取引をしているのであれば、マッキントッシュのパソコンを導入しても損はないでしょう。
導入するにあたって注意すべきポイントとしては、別のOSがインストールされているパソコンとの連携の部分です。たとえば、社内ネットワークで二種類のパソコンを接続したものの、両者間でデータのやりとりをすることができないといったことが起こりえます。マッキントッシュに詳しい社員を見つけるか育成して管理を任せるべきでしょう。