必要なソフトウェアを選別する

仕事に関係のないソフトを入れない

パソコンを使うにはソフトウェアが必要で、インストールをするとなると非常に時間がかかります。個人向けのパソコンは購入後にすぐに使えるように予め色々なソフトがインストールされているので便利です。ただしソフトの選定はメーカーが行っているので、業務に使えそうなソフトからゲームや趣味で使うようなソフトまでいろいろ入っています。法人向けパソコンはOSのみが入った状態での提供が多く、個人向けのように色々なソフトが入っているわけではありません。ゲームなどは仕事には関係ないので不要ですし、デザインなどの仕事をするのでなければグラフィックソフトなども不要でしょう。社員が使ってトラブルが起きそうなソフトを排除した状態で納品してもらえます。

業務で必要なソフトをインストールしてもらう

法人向けパソコンは個人向けのようにたくさんのソフトが入っているわけではなく、中にはOSも自分でインストールしないといけないタイプもあります。それだけソフトの選択に自由度があると言えますが、できれば納品と同時に使えると社員に無駄なインストール作業をさせずに済みます。そこで一定のソフトを予めインストールした状態で納品してもらえるサービスを利用しましょう。市販ソフトであればパソコンの代金とソフトの代金を支払えばインストールしてもらえます。ワープロソフトや表計算ソフトは仕事上よく使うでしょうし、メールソフトやセキュリティソフトはネットワークを利用するときに必要になってくるでしょう。これにより必要なソフトのインストール漏れも防げます。